年々増大する社会保障費をどうするかという課題

医療

年々増大する社会保障費をどうするかという課題

年々増大する社会保障費をどうするかという課題

日本がいま直面している課題といえば、まず財政赤字の問題がありますよね。
年々増大する社会保障費をどうするかが、大きなポイントとなっています。
社会保障費の中で医療費が占める割合は非常に大きいです。
医療費の削減は人命にも関わってしまうことなので、簡単にはできません。
ですから、増大する社会保障費を削るということも難しいわけですね。
政府はジェネリック医薬品の普及や、かかりつけ医システムの普及によって医療費を抑えようと努力していますが、それも焼け石に水です。
何か根本的に赤字を解消する方法を見つけなければいけません。
少子高齢化の改善は、実は社会保障費の問題を解決する一つの有効な手段になります。
少子化が改善されれば、働いて税金を納めてくれる人が増えるわけですから、単純に税収がアップします。
高齢化が改善されれば、医療費の伸びをストップさせることができます。
ですから、医療業界だけに目を向けるのではなく、社会全体に目を向けて、問題改善に努めなければならないのです。