在宅医療、往診医療の違いとメリットデメリット

医療

在宅医療、往診医療の違いとメリットデメリット

在宅医療、往診医療の違いとメリットデメリット

先日、日本のみならず世界的にも惜しまれた方の死後、在宅医療というものに関心が集まりました。
想像を絶するほどの増大さで日本全国民のニーズが増えつつあります。
まず、在宅医療と往診は全く別ものとし区別して考えましょう。
往診は、患者側が自身の不調を訴え病院に出向き、診察や治療を行うこと。
それに対し、在宅医療は計画性を持って定期的に患者の自宅を訪問、家族では手の届かない、難しい検査などを含めたもののことをいいます。
看護師の訪問もあり、細かなケアをしていってくれるのは、女性の患者からしてみると大助かるでしょう。
なお、理学療法士等のリハビリテーションもこの在宅医療に含まれます。
デメリットから先に申しあげますと、何といっても家族の負担が大きいこと。
病院では全ての細かな仕事を行ってくれていた看護師がいなくなるのです。
当然そのしわ寄せは家族に及びます。
そして、いざという時に家族の誰も手の施しようがなくほとほと困ってしまうというもの。
メリットは、住み慣れた自宅でゆっくりとくつろぎながら療養治療を受けられるということ。
精神的な部分も病気のリハビリには必要なのです。
在宅医療、往診医療どちらを選択するかは本人、家族、医師の意思が複雑に絡み合ってくることだと思いますが、今後少子高齢化社会へとまっしぐらに突き進んでいく日本。
一日でも早く世間にもっと在宅医療の大切さを教えることが必須となってくるでしょう。