大きな病院に通うか個人開業医に通うか

医療

大きな病院に通うか個人開業医に通うか

大きな病院に通うか個人開業医に通うか

大きな総合病院と個人開業医のどちらに通院した方が良いのかは、症状などによって異なりますが、重い病気なら、大きな病院の方が安心です。
しかし、大きな総合病院では各診療科が揃っているため、血液検査の結果次第では、いとも簡単にそのほかの診療科へ受診をすすめられます。
病気を早期に発見するためにも必要なことではありますが、検査や診察がたてこみますと、連日通院する可能性も出てきます。
その場合は金銭面をはじめ、時間的な問題や、体力的にも大変になることも出てきます。
その兼ね合いをどう判断するかは個々の患者やご家族次第ですが、大きな病院は安心感がある代わりに、その状況になる場合もある、といったことを留意しておくと良いかも知れません。
また、同じ病院内でほかの診療科を受診する場合でも、病状などに関してそこまで詳しく申し渡されていない場合がありますので、経緯などをキチンと伝えておくのも大切です。
そして、服用薬を知らせるために、お薬手帳なども忘れずに持参しましょう。